民事再生手続開始の申立てのご報告

平素から弊社事業に格別のご厚情とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、突然ではございますが、下記のとおり、ご報告をいたします。

第1 民事再生手続開始の申立て
弊社は、本日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、同申立てが受理されるとともに、
同日付で、東京地方裁判所より監督命令及び弁済禁止の保全処分が発令されました(東京地方裁判所令和2年(再)第23号)。
弊社は、紳士、婦人雑貨輸入卸・小売業を目的として平成2年に設立され、以後、セレクトショップ「STRASBURGO」の運営や、海外ブランドの小売・卸売業として事業を展開し、業容を拡大してまいりました。
しかしながら、過去数年間にわたる積極的な出店戦略と海外子会社への投資、過剰仕入等に伴う収益力の悪化に加え、本年1月に前代表取締役であり弊社創業者の田島淳滋が急逝したほか、
その後に生じた新型コロナウイルス感染症拡大及び緊急事態宣言の発令により、弊社の売上高は大きく減少いたしました。
このような状況の中、対応策を協議してまいりましたところ、自力での再建は困難と判断し、法的な再建手続である民事再生手続開始の申立てを行うに至りました。

第2 店舗運営等の継続
民事再生手続とは、破産手続とは異なり、裁判所及び監督委員の監督の下、事業を継続の上で再建を目指す手続です。弊社におきましては、従前どおり店舗運営・商品の卸売・小売業を継続いたします。

第3 スポンサー契約の締結
弊社は、民事再生手続開始の申立てに先立ち、本日、株式会社W&Dインベストメントデザイン及び八木通商株式会社との間でスポンサー契約を締結いたしました。
今後は、民事再生手続下において、裁判所の許可を条件として弊社事業をスポンサー企業(両社が新設する新会社)に譲渡することを予定しております。
なお、株式会社W&Dインベストメントデザインは、株式会社ワールドのグループ会社である株式会社ワールドインベストメントネットワークと株式会社日本政策投資銀行とが
共同出資して設立されたファンド運用会社であり、豊富な投資実績と資金力をお持ちになり、同社の有するアパレル事業のノウハウの注入や店舗展開、
共同商品の企画開発等、弊社とのシナジー効果は極めて高いものと思料しております。
また、八木通商株式会社は、すでに多くの海外ブランドを扱われている商社でいらっしゃいますところ、弊社の今後の海外ブランドの発掘や取引戦略の面で
人的にもサポートいただけるとのことであり、株式会社W&Dインベストメントデザインとの連携により弊社に力強いご支援をいただけるものと確信しております。

第4 本件のお問い合わせ先
本件につきまして、ご不明な点やご質問等ございましたら、弊社再生対策室までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
弊社運営の各店舗に直接お問い合わせいただきましても、ご対応しかねますので、ご了承ください。また、多数の問合せ等によりお電話の繋がりにくい状態となることも想定されますが、何卒ご容赦ください。

リデア株式会社 再生対策室
TEL 03-5785-1023
FAX 03-5785-1024
(電話受付時間:平日9時30分から17時30分)

今後は、裁判所及び監督委員の監督する手続のもと、会社再建に向けて全力を傾注する所存です。何卒皆様方のご理解と引き続きのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和二年十一月
代表取締役 石原秀樹

民事再生手続開始決定についてのご報告はコチラ→

トップページへ→